私は20代後半で、結婚したいという一心からどうにかして運命の人に出会いたいと思い、街コンや婚活パーティーに何度も参加したり、連日夜の街を飲み歩いたり、なんとなく出会った好きでもない男性と遊んだり、だらしのない生活を送っていた経験があります。

 

そんな時、知人に言われてハッとした言葉があります。

 

「腐った物には虫しか寄り付かない。きれいな花には美しい蝶々が寄ってくる。」という言葉です。

 

無計画に遊び歩いていた私は、まさに今の自分は腐っていると気づかされたのです。

 

だから遊び目的の男性としか出会うことができず、運命の人に出会えないのかもしれない。と、強烈な言葉ですが腑に落ちたことを覚えています。

自分自身を素敵な人が寄ってくる「綺麗な花」に育て上げるため、意識的な計画が必要になってきます。

 

女性が今よりもモテるための魅力の作り方

①できる限り見た目を美しく保つ

男性はやはり女性の見た目を一番気にしています。

 

いつどこで運命の人に出会ってもいいように、外出時は必ず化粧をしてきちんとした服装をするよう心掛けましょう。

 

あまり華美な恰好だと隙がないと思われてしまうので、シンプルで清潔感があることが大事です。

 

②自分の好きなことをとことん楽しむ

カフェで好きな本を読んだり、ネイルをしたり、趣味のスポーツをしたり、音楽ライブに行ったり。

 

自分が、楽しく感じる、好きだと思うことをたくさんしましょう。

 

好きなことに没頭していると、感情が満たされ気持ちが前向きになります。

 

それと同時に婚活に必死になっていたことを忘れ、心に余裕が出てきます。

 

③いつでもチャンスがつかめる準備をしておく

「婚活をやめたときに運命の人と出会う」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

それは自分磨きによって生まれた余裕から、狭まっていた視野が広がり、他人から見ても自信がついて満たされている自分が魅力的にうつるからです。

 

いつでも素敵な人と出会ってもいいように、相手に好印象を持ってもらえるため、常にアンテナを張って見た目も内面も磨いておくことが重要です。

 

運命の男性を落とすための駆け引きテクニック

ここでは出会ってから付き合うに至るまでのテクニックをお伝えします。

 

①合うのは昼間だけにして、夜は会わない

昼間に会うのは健全な関係を保つためです。

 

夜は雰囲気に飲み込まれて、勢いで一気に身体の関係にまで進んでしまうことがあります。

 

お酒を飲みすぎ  → 理性を保てなくなる → 身体の関係を持ってしまう。

 

という悪い流れが起こりやすくなります。

 

男性をすぐに飽きさせないためにも、駆け引きは重要になります。

 

駆け引きを成功させるために、身体を許すのは付き合ってからが鉄則です。

 

この流れに乗ってしまわないためにも、なるべく昼間限定でデートをするようにしましょう。

②会ってない間の連絡は最小限に

会わない間、あまりたくさん連絡しすぎると会った時に会話がなくなってしまうことがあります。

 

また、普段仕事で忙しい時に頻回に、メールやSNSでのやり取りをすることを好まない男性も多いです。

 

それは、男性の二つのことを同時に行えないという性質からきています。

 

男性のことが気になってしまい、女性側がどんなに連絡を取りたくてもグッとこらえましょう。

 

「忙しいだろうから」と気持ちを抑え、必要事項や最小限のあいさつのみやり取りすることで、「気を遣える女性」だと好印象を持ってくれます。

 

次回会ったときに、溜まった話をたくさんすることができるようになり、会話が弾み、思いっきり楽しい時間を過ごすことができるようになります。

③デートはなるべく早めに切り上げて帰る

これは、自分と会う時間にレア感を持たせるためです。

 

長い時間過ごすよりも、もっと話したい、一緒にいたいと思うくらいで終わりにするようにします。

 

たとえまだ時間があっても、「この後用事があるので…」などと言って帰ります。

 

すると「いい感じなのに、なかなか捉えられない女性」という存在になり、男性の狩猟本能をくすぐることができます。

 

中には「他の男と会うのか」と勘ぐり、さらに燃えてくれる場合もあります。

 

そういった意味では、意図的にほかの男性からもアプローチを受けていることを匂わせることも一つのテクニックになります。(ただし、相手がかなり自分に惹かれていると分かる時に限り。そこまで興味を持たれていない時は相手が引いてしまう場合もあります。)

 

男性にもどかしい気持ちを持たせることが、駆け引きにおいて重要になります。

 

大好きな人との恋愛において駆け引きは必要なの?

男女の性質の違いから、恋愛において駆け引きは必要です。

 

付き合う前の段階では、自分らしさは見せつつも全てはさらけ出さずに少しミステリアスな部分を残すほうが、男性にとってたまらなく魅力的に映るものです。

 

結婚はタイミングと直感が重要

世間的に、特に親世代からは、長く付き合って相手をよく知ってから結婚する方がいい言われることが多いと思いますが、

 

今の時代は、恋愛期間が長引いてしまうカップルほど、結婚に至る前に別れてしまうことが多いということです。

 

その理由としては以下のことがあります。

 

  • 男女の関係ではなく、恋愛感情が薄れ、友人関係に変わっていってしまうこと。
  • お互いに、他にもいい人がいるかもしれないと思ってしまうこと。

 

馴れ合いや情が生じてしまい、恋愛感情がなくなっているにも関わらず、別れを切り出せずにズルズルと時間だけが過ぎていってしまうということが起きてしまいます。

 

すると、結婚を決断をするタイミングが分からなくなってしまうわけなんです。

 

結婚に必要なのは恋愛期間の長さではない

結婚のために必要なものは、恋愛期間の長さではありません。

 

直感で「この人と結婚したい」と思える人に出会ったらその時がタイミングです。

 

自分には合わないと思いながらなんとなく付き合っている相手や、結婚を視野に入れてくれない相手とは、早めに見切りをつけて、別れる決断を行うことも必要になってきます。

 

自分と相性のいい相手を見つけることがなにより重要です。

 

少し時間がかかっても、相性のいい人と結婚することができたら、その後の生活がとても幸せで楽しいものになります。

 

特に、20代後半から30代の女性は後がないラストチャンスになるかもしれません。

 

結婚を決断しようとしない、責任感のない男性は、早めに見切りをつける勇気も必要になります。