恋愛や結婚につながる出会いを得られないと思ったときにしたいこと

 

若い人で恋愛や結婚につながる出会いがなく、恋人ができないと嘆いている人が多くいますが、その理由として自分のルックスやスタイルがよくないからということをいう人も多いです。

 

しかしながら、ルックスやスタイルがよくないかどうかに関してはあまり理由にはならず、むしろ自分に適した相手に出会えていないという可能性の方が高いです。

 

そのため確実に恋愛や結婚をしたいのであれば、異性との出会いを求めて多くの場所に行くことが出会いのチャンスを手に入れる可能性が格段に上がります。

 


 

異性と出会いが少ない環境にいる場合はどうしたらいい?

特に仕事や学校で同性が多いような環境にいる場合では、普段から異性に出会える可能性が低い状態ですね。

 

プライベートで意図的に異性との出会いが見込める場所に出向かないと出会いがありません。

 

そのようなことから普段の生活で、出会いを得にくい状態であればプライベートでの出会いを自ら作っていく必要があります。

 

例えば、知人の紹介や合コンはもちろんサークルや街コンなど、多くの独身男女が集まるようなところに出向くべきです。

 

出会える場所へ行くことで自分を好きになってくれる人にも出会える

人との出会いが増えると自分がタイプだと思える異性に出会えるだけでなく、自分のことを好いてくれる異性にも出会える可能性が高くなり、実際に恋愛や結婚ができる可能性も高くなっていきます。

 

もちろん、自分のことを好きになる人が必ずしも好意を持てるというわけではありませんが、今の世の中、どん欲に攻めていかないと、いい人はどんどん先に取られていきます。

 

相手のことを理解しようとする気持ちが大切です

第一印象や会って1回、2回目の言動で、好きか嫌いかの見切りをつける判断をするのは時期早々かもしれません。

 

よく理解をしてみれば、とてもいい人だったということも多くあります。

場合によっては、将来大成するだけの能力を秘めている可能性すらあります。

 

出会って会話が弾んだ異性に関しては、将来恋愛や結婚をする可能性がある相手と考えて接してみましょう。
 


 

結婚した相手の第一印象は「苦手な人」が多い

よく聞く話としてあるのが、この人と結婚したエピソードとしてあるのが、「苦手な人」だったということがあります。

 

むしろ、最初に好印象を持っていたのに、嫌な面が見えた途端、一気に気持ちが冷めてしまったということってありますよね。

 

好印象の人は減点式により評価が下されますが、悪印象だった人は加点式に評価が下される傾向にあるからです。

 

実際恋愛や結婚をする関係になった人に関しては、理想のタイプではなかったという人や最初は嫌いだったという人もいるくらいです。

 

嫌な人と出会っても婚活自体を嫌になってはいけない

本当に心の底から嫌悪感を感じる人と出会うこともあります。

 

そこで、深い精神的ダメージを受けてしまうと、次の出会いに行く気力が減退してしまうかもしれません。

 

ただ、その精神的ダメージを受けてしまったことを理由として、婚活は諦めてはいけません。

 

何度ダメージを受けても立ち上がる覚悟がなければ、いい出会いに巡り合う可能性は低くなります。

 

図太く、何度でも立ち上がる覚悟が必要になってきます。

 

 

忙しさを理由に出会いに行かないと婚期が遅れる可能性もある

昨今、結婚年齢が晩婚化している傾向がありますが、その理由の一つとして、仕事や学業の忙しさがあります。

 

仕事や学業が忙しいから出会いなど求めている場合じゃないと考えていませんか?

 

今は仕事の方が大事かもしれませんが、いい人との生活は将来とても重要な宝となるものです。

 

少しでも時間を見つけて、出会いの機会を作ってみてはいかがでしょうか。